audioleaf WEB MAGAZINE

ザ・ハンズインポケッツ フジタ興奮の[12月14日、不可能をアレする] Vol.3

2011年9月01日22時14分 in コラム

はいどーも!ザ・ハンズインポケッツのフジタ興奮です!
いやーもう9月になっちゃいました。ZeppTokyoワンマンまで残り100日くらいすね!
もう無理矢理なノリになってきましたがもうやるしかないです。気合でがんばりましょう!

そんでですね、オープニングアクトは4月16日にZepp仙台でワンマンをやる仲間CHILD'S PLAYに頼みました。
僕らも仙台のアクトとして出演します。本当は12月以降はライブ決めないつもりだったんですけどね。
仲間が命懸けでやってるんですから力になりたいすよね。自分達だけで戦わなきゃいけない怖さは身に染みて知ってますから。
そんな訳で現状の決定事項としては12月14日ZeppTokyo、4月16日ZeppSendai、命知らずの二つのバンドが二つの不可能を殺す。そんな感じですね。

自分らも何かやってみようかなって思ってる人がいたら、ぜひ挑戦してみて欲しいです。
想像してみてください。才能もコネもお金も今持っている分だけしかない。そこからいきなりZeppに挑戦です。
正直メチャメチャ辛いです。努力に見合った結果なんてついてくる訳もないし、まあまともな神経じゃやってられないすね。
でも得る物は大きいです。今自分に足りない物や、やるべきなのにやってこなかった事を目の前に突き付けられると思います。
あとはまあ誰が味方で誰が口先野郎なのかはっきりするっていうのもありますね。もしかしたら口だけなのは自分自身かも知れません。


自分に足りない物ってなんでしょう。演奏スキルだったり、作詞や作曲の才能。それとも続けていく根気でしょうか。
あとはコミュニケーション能力や財力だったり、あるいは運かな?人それぞれですよね。
俺は努力では勝てないと思います。実際に挑戦してみてそれに気づきました。いくら努力してもそれだけじゃ勝てない。
なんでかっていうと天才もたくさん努力するからです。じゃあどうするのか。これからはそんな話をしていきたいですね。


精神論ばっかりになってもつまらないと思うので、次回からは何か挑戦しようと思った時に現実的にぶつかってくる壁の話をしましょう。
かっこいいラストシーンまでは、まだまだ遠いです。


お、今このコラムを書いている途中でベースのもっちゃんからメールが来ました。例のモノマネ紅白の収録が今日だったらしく、収録中にバンド名言えなかったと意気消沈していますw
まあうまくいくことばっかじゃないですよね!

Written by

名前:
フジタ興奮(ザ・ハンズインポケッツ)
サイト:
http://www.handsinpockets.com/
最終更新時間:
2011年12月08日01時58分