audioleaf WEB MAGAZINE

ザ・ハンズインポケッツ フジタ興奮の[12月14日、不可能をアレする] Vol.4

2011年9月19日13時15分 in コラム

こんばんはー!フジタ興奮です。
自分で言っといてなんですが興奮ってどういう名前なんでしょうかマジで。

ZeppTokyoワンマンまで残り86日になりました。どうなんすかね!
まあ落ち込みだしたらキリがないって感じなので脳内麻薬で元気に頑張ってます。
原稿を書いている今はツアーファイナルの前々日。
ファイナルは9/19日、新宿でワンマンライブになってるので良かったらどうぞ。

なかなかきつい日程でしたがやっぱりツアーは楽しいです。
しかしバンドにとってはこの楽しいってのがなかなか厄介だったりするんです。
楽しい事ばっかやってちゃ駄目なんですよねやっぱし。
プロ志向でバンドやろうと思ったら実際9割くらいつまんない事ばっかです!w
モチベーションの低下っていうのがバンドにとって一番の敵だったりするので、
そこの所は楽しんでいけるようにうまくバランスとってやっていきましょう!


さて、前回の続きです。バンドが何か挑戦しようっていうとき何が問題になるか。
沢山ありますが、まず共通の悩みはお金だと思います。あと人にもよりますが才能の限界というもの。
それに人との繋がり、コネクションの部分ですね。あ、ちょっとこれ一回で収まる内容じゃなかったですね。

とりあえず、何するんでも大体お金は掛かります。スタジオ入るにも機材買うにも。
機材車、交通費、レコーディング費用。とにかく色々です。
どんな才能があってもそれは変わりません。お金は掛かります。後は誰が出すかの問題です。
でもここは逆に誰でも頑張れば手に入れられる部分でもあるので頑張りましょう。
僕らは初期からバイトでなんとか無理矢理やってきましたが、
去年SHIBUYA-AXでツーマンをやったあたりから経済的な限界を感じて生活環境から変えました。
僕の場合はITの知識が若干あったので、週3日の契約でベンチャー企業の音楽事業立ち上げに参加してます。

ある人は会社を立ててしまうし、ある人は店を立てる、ある人はブランドを立ち上げる。
最近はメジャーのミュージシャンでも会社員としてしっかり働いてる人もいますよね。
今どき人気バンドでも食えない時代ですから、売れたからってお金持ちになれる訳じゃありません。
事務所と契約が切れようが何しようが自分の表現を貫いていける体力が必要だと僕は思います。
あとはぶっちゃけお金持ちのスポンサーを一人捕まえるっていう手もありますね。そういう人もいるかも知れません。

なんか読んでて憂鬱になっちゃった人もいるかも知れませんが…
まあ理屈じゃありません。男塾です。気合でなんとかなります。一緒に頑張っていきましょう!

追伸:
ベースのもっちゃんが9/27フジテレビで放送のものまね紅白歌合戦に出るそうなのでよかったらどうぞ。

Written by

名前:
フジタ興奮(ザ・ハンズインポケッツ)
サイト:
http://www.handsinpockets.com/
最終更新時間:
2011年12月08日01時58分