audioleaf WEB MAGAZINE

pocketlife - new album "peoplepeople"発売直前直撃インタビュー

2008年1月07日16時13分 in インタビュー

peoplepeople

peoplepeople

1.trippin
2.HANOI
3.girl like you
4.Go Home
5.SOUL
6.Televisions
7.who? who? who?
8.feed
9.the cycle
10.Only Delay
11.oxygen
12.not alone
アーティスト名 / pocketlife
作品名 / peoplepeople
発売日 / 2008年1月16日
品番 / YDSD-0002
レーベル / YDSD-0002
定価 / ¥2,300(tax in)

購入する[tower]

2007年12月27日@下北沢ERA ERA年末企画2日目に出演したpocketlifeから、2008年1月16日にHOWLINGBULL内Beauty Free Recordsより発売されるフルアルバムpeoplepeopleと、今までの活動についてうかがってきました。

今日は宜しくお願いします。ではまず自己紹介お願いします。
モリコン:Vo/Gt、モリコンです(以下:モ)
piggy:Gtのpiggy the boo 昇平です(以下:P)
BxAxNxZxAxI:BaのBxAxNxZxAxIデース!よろしくおねがいまーす!(以下:B)
モリコン:ドラムのナチョスです。
今日はナチョス役もですね(笑)(※収録時、Drナチョスさんは所用で欠席)よろしくお願いします。さて、2008年1月にアルバム「peoplepeople」のリリースがあります。2004年のリリースから時間が経ちましたが、今回のアルバムはどんなものになりましたか?
B: 2004年の12月に前作が出て、3年くらいが経つんだけど、メンバーも変わり、昇平が入って、新しいバンドとしてロックなアルバムを出そうということになって、一言で言うと今回のアルバムはロックアルバムです。
以前新しくドラムのナチョスさんが入ったときは、全曲作り直したということがありましたが。piggy the boo 昇平さんが入ったことで、楽曲の練り直しというのはありましたか?
モ:piggyのときは、作り直したということはなくて、アレンジの作業でしたね。
もう一本、ギターの音を入れやすいようなアレンジということでしょうか?
モ:結果的にはそうなんでしょうけど、piggyのスタイルがあって、それが出しやすいようなアレンジですね
piggy the boo昇平さんはどんなスタイルのギタリストなんでしょうか?
モ:バカというか、、バカで(笑) 昇平のソロを聞くとちょっと笑っちゃうような。バカでオヤジ臭いですね。
B:4人の中で一番若いんだけど、一番出してる音が渋い。聞いてる音楽は4人ともばらばらなんだけど、4人の共通する方向、共通の言語が“ロック”で、昇平の出てきやすいスペースをセッションの中で作ったときにpiggyの音が出てるなと感じる。一言で言えばpiggyサウンドだと思う。
モ:楽しいっすよ。
そうメンバーから言われて、ご自身ではどう思いますか?
P:オヤジくさい、オヤジくさい言われることに納得行かない。精一杯若々しく弾こうと思ってるんで。
一同:(笑)
モ:piggyがオヤジくさく弾こうとしたら面白いだろうね。
P:多分、えらいことなるよ(笑)
メタルやヘヴィー系でもPRSは使われてるんですが、piggyさんはサンタナのようにPRSを弾く人だなと思いました。
モ:サンタナ好きなの?
P:サンタナは皆好きやから、特別好きってわけではない。
B:piggyのギターヒーローって誰なの?
P:ジョン・スコフィールド。PRS使ってるのは、ずっと今まではシングルコイルを弾いてたんだけど、pocketlifeに入るときにハムバッカーのギターを持ってなかったんで、人から借りて使ってます。大事に使ってます。
4人それぞれの好きな音楽、聞いてきた音楽というのはけっこうばらばらだと思うんですが、みなさんどういう音楽が好きなんですか?
モ:パール・ジャム、バッドレリジョン、NOFX、サブライム、デペッシュ・モードとか。色々ありますけど
真ん中のロックなのかなと思ってたんですけど、
モ:そうそう。入ったのはNIRVANAとか、パール・ジャム。その後にパンクロックを聞き始めた。
昇平さんは?
P:jannis Joplin、奥田民世、くるり、ジョン・スコフィールド、スコット・ヘンダーソン、後何があるんやろ。
モ:モットザフープル?
P:それはあんまり聞いてない(笑)あっ、スティービーレイボーン、ビートルズ、カーペンターズ。あとメデスキ・マーティン&ウッド。あとね、、FRIED PRIDEとかね。
B:ディジー?
P:ほんまや!Dizzy Mizz Lizzyのティム・クリステンセン。ベンフォールズ。一杯出てくるな(笑)
モ:宇多田ヒカルは?
P:それ、俺じゃない(笑)
モ:俺のところに追加しといて(笑)
BxAxNxZxAxIさんは?色々な感じがしますね。
B:でも入りはメタルで、まずX JAPAN。それからMETALLICA。こういう音楽ってかっこいーなーと思って、NIRVANAも聞いていて、でパンクロックのほうに流れていって。グリーンデイとかNOFXとかペニーワイズとかよく聞いていて。それからは色んな方向に広がっていって。ロックじゃなくても、ヒップホップならSPEECHなんかすげー好きだし、あとは、SYSTEM OF A DOWNとか、ビートルズもREFUSEDも。
P:小森くんやったっけ?ヘッドレストーソス好きなのって?
モ:あれは好きっていうか、すげーなと思って聞いてた。DVD何回も見てた。
どんなバンドですか?
P:あれはほんとの意味でのミクスチャーだと思う。
モ:ボーカルがすげえ。かっけー。
あとナチョスさんは?
モ:ナチョスです。椎名林檎とラテンの音楽がすごく好きです。
一同:(笑)
ということで、みなさん色々な音楽が好きだと思うんですけど、4人が合わさったときに出てくるものが“ロック”だと。
B:ポケットライフって、核にあるのはモリコンの歌だと思う。アルバムの中にも色んな曲があって、打ち込みを使ったものもあるんだけど、モリコンの歌があればポケットライフの音に落ち着くというか。それが俺らの個性。
モ:ナチョスとして言いますけど、ポケットライフは一人ひとりが個性あるプレイヤーだと思う。4色持ったオセロのようで、テツヤ(BANZAI)が緑を出したり、piggyが黄色を出したりするけど、でもその時々で4人が色を合わせて色んな方向に行けるよ、と。
B:一人一人柔軟で、ここは黄色、ここは緑で行こうと決めたら、一人一人がカメレオンみたいに色を変えていって、やりたいことに近づいて行ける。
モ:一人一人ができるだけ、そこで作りたい色に近づいて行こうと努力していける。
対バンも幅が広いですよね。自主企画のスマイルロックのメンツを見ても、本当に色んな音楽性のバンドと仲が良いんだなと思います。
B:僕らは色んな種類のロックを取り込んでるバンドなんで、色んな対バンに当ててもらえるんすよ。自分らが関係を作ったというよりも、ライブハウスや企画者が色んな対バンと組んでくれた。そんな中で、自分らがライブを見てて、メンバーと話し合う中で、芯のあるバンド、あのバンドかっこいいね、ってバンドを呼んでるんすよ。
音楽的にも活動にも柔軟というか
B:うん、たとえば今俺がはまってるCDがあったとして、一月経って1月の終わりにそれにはまってるかどうか分からないよね。自然にやっていて、広くロックに触れていたいんだと思う。
昇平さんは、加入前にスマイルロックを見て、ポケライとスタジオに入ろうと思ったそうですが、メンバーになる以前ポケライをどう思っていましたか?何を思って入ろうと思ったんですか?
P:ただ、凄く楽しそうにやってた、というのが一番大きいですね。自分は今まで黙々と職人のようにギターを弾くということをやっていて、でもポケライを見たときになんかあいつら楽しそうやなーと思って。俺もやってみたいな、と。軽いノリで、「俺も入りたい!」って気持ちで入っていったんやと思う。
B:多分、そこが合ったんだと思う。俺らも遊びの延長のような感じで、わーっと皆で盛り上がりたいというか。自分が楽しむために音楽やりたいというか、自分に返ってくるように音楽やってるわけで。スタジオで遊ぶというか、軽くセッションしようぜ、ってノリでスタジオに来てくれたから。そんなノリですね。
ちょうど話にも出てきたので聞きたいんですが、なんで音楽をやってるんでしょう?
B:人生を楽しむためですね。そのための表現手段が音楽。
モ:難しいですね。よく考えるんですけど、日によっては分からなくなることもあるし。でも、基本的にはポケットライフと一緒に居るときは思いっきり自分らを表現できるというか。人って、表現しないと死んじまうんじゃないかと思って。音楽じゃなくても、何か表現する手段や、表現する相手がないとだめだと思う。俺はポケライがそれなんだなと思ってる。
P:俺は一旦始めてもうたからやめれないんですよね。やめるわけじゃないんやろうけど、みんな色んな職業に就いて、一旦音楽を中断して他のことできるの?って。こんな楽しいことやめられへん、と。
モ:病み付きになる部分はあるんだろうな。
P:やってない状態を考えられへんから、わからへん。一番楽しいことだから、自分の中で一番においてやる。
今回のレコ発ツアーはどんなツアーになるんでしょうか?
B:2月9日にナインスパイスでレコ発をやって、2ヶ月で20箇所前後回って、4月5日にERAでファイナルをやることになってます。今までポケライとして行ったことない場所にも行けるんで、観光もしつつ、東京に、下北にポケットライフがいるということを体感してもらいたいですね。楽しいツアーになるんじゃないかなと。
モリコンさんからは?
モ:きみの街をロックしに行くぜみたいな感じで
一同:(笑)
モ:ツアーは、もちろん楽しみです。やることはどこに行っても変わらないけど。
それではpiggyさんからも
P:きみの街をロックしに行くぜ、みたいな感じで
一同:(笑)
B:なんでそこでかぶせてくるの?(笑)
モ:しかもめんどくさそうな感じで(笑)
P:いやぁ(笑) 頑張ります!
じゃあ、ナチョスさんからも(笑)
モ:そうですね。ナチョスです。良いバンドになってきてるんで、友達にもちょっと良いバンドがいるよって言える感じになってきてるんで、よろしくお願いします。ハハハ!
一同:(笑)
B:最後にナチョスから面白いこと言ってよ(笑)
モ:ロッケンロー!!
一同:(笑)
ありがとうございました。
一同:ありがとうございました。

Written by

名前:
その他
最終更新時間:
2012年03月06日19時34分